JR三宮駅東口を北(山側)に出て目の前のビルの6階
お電話でのご予約はこちらをクリック
078-271-9122

店長ブログ

  1. ホーム
  2. ≫ 店長ブログ
01月 09, 2017

iphone7分解チャレンジ

iphone修理、リペア王神戸三宮店の名物社長のiphone7を強制分解。。。
急ぎだったので写真が数枚しかなくてすいません。。。

まず、6sまでのiphoneは基本的にホームボタンの方からインカメラの方に向かって
液晶パネルを開けていたんですが、
iphone7になってからは横開きに変わっています。
横開きになっていて開けにくくなっています。

横開き(線の縦への遊びが少なくなっている) + シール(液晶パネルとバックパネル)
の隙間に入っているシール剤が強くなっている状態で開けるのも一苦労といった感じです。


開けてみるとこんな感じです。
もっとわかりやすくするための写真は追加しますね。

ホームボタン周辺はこんな感じ。

ホームボタンは6sまでは内側に抜き出していたんですが、
7からは外へ出します。

あと少しわかりにくいですが、

右にあるホームボタンのコネクタ部分が固定されていたものが
遊びがあるようになっていますので要注意。

接点部分に当たらないように気をつけてヘラで横向きに少しだけ動かして外します。


社長が不安そうだったんで写真がかなり飛び飛びですいません。。。

液晶パネルについているパネルは軽く接着されているので、
チカラを入れずに軽くヘラを差し込んでいくとすぐに外れます。

ここは少し不安になるかもしれませんが、以外と簡単に外れます。

6sまでのiphoneとの違いは話題になっているY字ネジが、
液晶パネルの横の6本のネジ+液晶コネクタがついている部分
についているんで、Y字ドライバーは必須ですね。

やってみると、
6sまでとの違いは横開きになって液晶のコネクタとバッテリのコネクタが一緒になっているのと、
ホームボタンが大きく変わっているくらいのものでその他の修理工程でいうと変化はないようです。

ただ作りはかなりデリケートな印象でパネルを開ける時と、ホームボタンが前から外すところで、
当たり前のように後ろから抜こうとしても抜けないところですね。

iphone修理のリペア王 三宮店は、元自動車整備士が2人、在籍しているので安心です。

もう一度社長に借りて、分解しながらわかりやすくこの記事に写真を追加していきますね。
綺麗に元通りになったんで、終始不安そうだった社長も一安心したような顔してました。

今回のメモは

・横開きのため、力でシールを外していくのではなく少しずつずらしながら、シールと切り離していく。
・フロントパネルとバックパネル(バッテリがついている方)の遊びが少ない。
・不安そうな社長の顔がおもしろい

このあたりです。

iphone修理リペア王 三宮店は現在iphone7の修理の準備中です。
お問い合わせをいただいている方々にはお待たせしておりますが、
近日中に開始いたしますのでもう暫くおまちください。

開始しましたら三宮、神戸地域のお客様のために地域最安値を目指します。
当店ではオプションサービスの加入などもありませんのでご安心ください。
準備が完了しましたらバナーとこちらで告知しますので、
よろしくお願いいたします。












今月のお得な修理

ガラス割れ・液晶交換修理

ご紹介していただいた方に現金500円or商品券をプレゼント

ご紹介キャンペーン詳細

来店予約 お問い合わせ 電話をかける